• HOME
  • 3. 学習方法

このページを印刷する

3. 学習方法

テキストレポート科目(TR)

テキストをもとに学習を進める科目です。レポート課題を提出し合格した後、単位修得試験を受験して一連の授業が終了します。

TR科目 履修の流れ

レポート課題

単位修得試験

テキスト科目のシラバス

注意事項

Webスクーリング科目(WS)

動画教材を中心に学習を進める科目です。動画を学習し終わったら、レポート試験を提出し、全体講評を受けて授業が終了します。

WS科目 履修の流れ

レポート試験

全体講評(動画)

WS科目のシラバス

注意事項

テキスト

博物館学芸員課程(科目等履修生)では、指定されたテキスト(電子版もしくは印刷製本版)を購入して学習を進める科目と、書店等で市販されている書籍を購入して学習を進める科目があります。詳しくは以下を参照してください。

テキスト一覧

テキスト(印刷製本版・電子版)の購入方法

成績評価

自分自身の成績状況・履修状況をしっかり把握しましょう。

履修状況の確認方法

疑義照会

このカテゴリのよくある質問

単位修得試験を受験しました。提出後、修正したい箇所があったのですが、修正できませんか?

単位修得試験は、試験をWeb上で行っています。通常の試験と同様、解答提出後の修正等は一切できません。

「博物館実習1(事前指導)」について、4月開講の1日を瓜生山キャンパスで受講し、6月開講の2日間を東京外苑キャンパスで受講することはできますか?

「博物館実習1(事前指導)」は、4月と6月を同じ開催地で受講することが原則です。
4月と6月の開講地を変更すること、および受講日程を変更することはできません。

なお、やむを得ない事情がある方は、個別に通信教育部事務局までお問い合わせください。

テキストレポート(TR)科目の単位修得試験はどのように対策をしたらいいですか?

テキストレポート(TR)科目のシラバスの「課題の概要」に「試験のポイント」という項目が記載されています。
これは、単位修得試験を受験するにあたって、事前に学習するべきポイントを5つ挙げたものです。TR科目の学習を進めるにあたり、この「試験のポイント」にも取り組んでおき、単位修得試験を受験する際にも参照できるようにしておくとよいでしょう。

「博物館実習2(館園実習)」を学外館で実習することは可能ですか?

「博物館実習2(館園実習)」は予めお知らせしている開講日程のみ受講が可能です。
そのため、学外館で実習を依頼することはできません。また、学外で受講された「博物館実習2(館園実習)」の単位として認定することもできません。

レポート課題の課題提出期間を過ぎてしまいました。提出することはできませんか?

課題提出期間を過ぎると、提出はできません。次の提出機会に提出するようにしてください。
なお、「博物館実習1~3」の履修の前提条件となっている科目がありますので、提出期日には注意ください。

このページの先頭へ戻る